骨董品と瓶

骨董というのはアンティークです

骨董というのは、英語で言うところのアンティークです。古いものであれば、とりあえずその分類にすることができます。大半の人が思っている骨董のイメージは高いことです。それはあながち間違っているわけではなく、要するに古いものなのですから、どうしても再度作る、ということができないのです。だからこそ、多くの人がその希少性などに魅力を感じて集めているのです。例えば、単純にものの良し悪しのみであれば、今のほうが良い物が作れることが多いです。壷や書画なんかは特にそうであり、あくまで過去の人物が書いた、というところにメリットがあるのです。骨董のコレクターというのは、どんな分野でも大体は世界的です。但し、その国で人気が分野なのか、ということは別問題であり、例えば、幕末の品々はそこまで古くないのですが、大変高価であることが多いです。しかし、海外ではそうでもなく、あくまで日本の歴史的なことですから、日本では価値は高い、ということになります。

骨董品買取業者徹底比較ランキング