骨董品と瓶

小枠で使い勝手のいいアンティーク家具

日本の骨董店や骨董市で出会うアンティーク家具の素材はマホガニーとローズウッド、オークやクルミなどが比較的多いです。これらの木材の特徴を覚えて、見分けられるようになると価格の違いにも納得がいき、アンティーク家具の品定めが一層楽しくなります。マホガニーは軽くてかたく強度があり、木の繊維自体に光沢があるので、美しいつやを放つ高級素材で赤みの強い色の仕上げのものが多いです。ロースウッドはバラの様な芳香を持つ紫檀系の木を総称してよび、なかでも黒い縞模様が特徴のブラジリアンローズは高級家具材として珍重され虫にも強い特徴があります。クルミはやや黄みがかった明るい色合いで木目が目立ちつやがあって、磨くほどに味が出ますし、オークは強くて耐久性に富み、豊富にあるので手に入りやすいです。西洋骨董の家具はダイニングセットからという人も多いですが、ブックワゴンやコンソールキャビネットなどの小さな家具も人気があります。