骨董品と瓶

味のある骨董品を飾って自分好みの素敵なインテリアにしよう

希少価値のある古美術などを骨董品と呼びますが、時代もののがらくたなども対象になります。文具などの小さなものから家具などの大きなものまで、どのようなものでも希少価値があり時代を感じるものでしたら骨董品になります。当時の生活の様子などが映し出され、その時代の背景などがわかるので、歴史的にみても興味をそそられるものです。 骨董品は、今の時代のように機械で作られたものよりも、人の手で作られたものが多いため、風合いがありとても味が出ていて見ているだけで安らぐところがあります。そのため、インテリアとして飾ると重厚感があり部屋がとてもはえます。真っ白な空間の中に骨董品があると洗練されたモダンなインテリアになります。和室に飾るのも趣があって良いですが、シンプルな洋室に飾るのも新しいものと古いものがミックスされて良い雰囲気のインテリアになるでしょう。あたたかみが溢れ落ち着く部屋を作って、自分好みの空間にしましょう。