骨董品と瓶

骨董品の種類と内容を紹介

骨董品には絵画、陶器・茶道具、象牙・彫刻品、アンティーク品など、様々な種類のものがあります。 絵画には西洋の絵画はもちろん、日本の浮世絵、掛け軸、中国の山水画などさまざまあります。贋作も多いので真贋を見抜く目が必要ですが、本物なら高価買取されます。陶器や茶道具は、骨董といえばこれ、というようなもので、デザインや技法など数多くのものがあります。陶器製のものが需要が高く、名匠が作った本物なら希少なので数千万円の値がつくことがあります。 象牙で作られた彫刻品なども、高い人気を誇っています。象牙で作られた骨董品はそもそも数が少なく種類も多くないので、高値で買い取られます。国内外で100年を超えて残存するものはアンティークと呼ばれ、人形やテーブル、イスなどさまざまな種類のものがあります。江戸時代など古い時代に作られた箪笥などはそもそも再生産されていないので、希少になりその価値も上がります。 骨董品には様々な種類のものがあるので、予算に合わせて探していくといいでしょう。